So-net無料ブログ作成
陣痛のこと ブログトップ

2人目の出産 [陣痛のこと]

そろそろ落ち着いてきましたコンニチワ。
オトコノコは手がかかるという話でしたが、確かに比べると大変ですね・・・。
 

 
さて、そろそろ2人目の出産の時の事でも記しておこうとオモイマス。
 

 
9/10 検診時にて、推定体重が4000g近くだったため
予定出産に切り替えで、9/12に出産しましょうということに。
(9/11は病院の方が空いてなかったためNG)
 
9/12日AM9時 入院。
内診後にバルーンを入れてもらう。
病室に移動して陣痛促進剤(錠剤)を1時間ごとに服薬するように言われる。
 
PM1時半頃
陣痛はあるものの弱いため、ベッドでゴロゴロしてるうちにうっかり昼寝(笑)。
TVでは安倍(元)総理辞任でワイドショーがかなりの賑わいを見せていた。
 
PM4時頃
分娩台に移動。半強制的?に破水
(バルーンもここで取ってもらう)
 
PM5時半頃
痛みが強くなりつつも、まだまだ産まれない
立会いで分娩室に居た旦那様は腰をさすってくれたりしていたけれど
人肌が気持ち悪いとアッサリわたしに拒否されてしまう。
 
PM7時頃(最後に時計見たの6時台後半くらい・・)
本格的な陣痛に。
そろそろ、いきみたくなってくる。

PM7時23分
無事3928gのオトコノコが誕生
旦那様の一言目「髪の毛がちゃんとある」
わたしの一言目「ちゃんとついてる?(オトコノコかどうかの確認w)」
 
2hほど分娩室で休憩の後に病室(母子同室)へ移動・・・
このとき赤ちゃんの計測をしていた助産師さんが
体重計に乗せた時点で吹き出す(体重が多くて)。
 

 
2回目のせいか、促進剤は使ったけれども割とスムーズだったようです。
経産婦は本当はもうちょっとサクっと産まれるらしいですけど
うちは大きかったからきっとつっかえていたのですねーw と医師と話してました。
 
ちなみに噂でかなり痛いと聞いていたバルーンはぜんぜん痛くありませんでした。
出産後の縫合の方が痛かったような・・・
 

 
写真は産後6時間後くらいの息子さん。
夕乃が赤子の頃にそっくりダー


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

出産エピソード(3) [陣痛のこと]

ゆのは生まれた後バイタルとったり身体拭いてもらったりしてました。

私の方は後産のあと会陰切開の縫合をしてもらい、
「では少しお待ちくださいね」
と医師に告げられたあと、なんと

開脚姿勢(つまり分娩台の脚のとことか乗りっぱなしね)の状態で
30分ほど放置されてました。・゚・(ノ∀`)・゚・。

タイミング悪くほかの方の出産と処置が重なってたみたい…。
んで出産直後なので脚は「ナニがそんなに可笑しいんだぁぁぁぁ」ってくらい笑ってるし
近くの窓が開けられていたので夕方のひんやりした風が入ってきてて
上半身までもガクガクブルブルと震えていた状態。

あとから思うと分娩台にもナースコールのボタン?があったし呼べばよかった…

やっとゆのが連れられてきて、
家族面会で旦那様だけ中にはいってきて3人で対面できました。
旦那様「お疲れ様」って言葉をかけてくれて、
ゆのの顔みてほんわかしてたと思ったら5分もたたないうちに看護師さんがきて
「すみませんお隣で処置が始まりますから一旦外に出てくださいー」
って余韻に浸る間もなく離れ離れに…。

はうあ(;´Д`)

後日談でこのとき「後で落ち着いたらもう一度呼びます」と言われていたらしいデス
でも旦那様がこの日、ゆのに再対面することはもう叶いませんでした…

処置が終わって分娩室で休んだあと、病室に行く段になったときはPM9時。
車椅子でそそくさと病室まで運ばれてしまい消灯時間も過ぎてたため家族とも話せず。。。
お産が多かったためスタッフが足りなかったのは分かるんですが、
私も初めてのお産でこんな風になってしまってとても残念でした><。

ゆのに初めて会えたあの瞬間は、ほんとうに一生忘れられないと思います。
出産当日こそ「もうしばらくあの痛みはイイデス…2人目は当分先で。」なんて言ってたけど
数日経ってみるとやっぱり痛みの先にあるあの感動をまたすぐにでも味わいたいなぁと思います。


出産エピソード(2) [陣痛のこと]

11月1日、この日はとにかくお産が多かったみたいデス。
私の通っていた産院では分娩台が3台あるのですが、
私が分娩台に乗った直後に3台フル稼働していた状態…
陣痛室にはほかにもお産待ちの妊婦さんがいらっしゃったし、
朝方から午前中にかけて既に何人か生まれていたようです。

私のちょっと前に分娩台に乗った妊婦さんは30分くらいいきんで出産されてました。
これなら私の方ももう少し頑張ればすぐに赤子に会える!
…と思ったが甘かった(・・`

ゆのの頭が少し見えてる状態でお産が中断しました><。
陣痛は続いているのですが、小休止状態になってしまって弱い陣痛のため
少し待ちましょう、ということになってしまいました。
まわりの妊婦さんもお産が終わった後だったりしてちょうどキリがよかったらしく、

分 娩 室 の 電 気 消 さ れ ま し た

Σ(゚∀゚;)
いやこっちは3~4分間隔の痛みが続いてるんですけど?
遠くに助産師さんは待機しているものの、
不安いっぱい初産の私の近くには誰も居ない。。。。
静かな部屋に響くは私のうなり声だけ!

もうね、本当にこの頃は必死でした。
結局は痛みにも一人で耐えなきゃならないのはわかってるんですけど、
学生の頃のマラソン中の気持ちを少し思い出しました(笑)。

しばらくしてやっと本格的にいきめる状態に。
イメージでは2~3回力を入れれば生まれるんじゃないかと思ってたんですが
甘かった…
15分くらいいきんだ後、会陰切開の処置をしてもらい、
しかもお医者さんにおなかを押してもらって3回いきんでやーーーーーーーっと出産。
このときはもう痛みとか思考とか全部分からなくて、身体が勝手に動いていたかんじ。
「うまれましたよー」って言われてへその緒とかの処置してる途中はもうぼーっとしてて
手にゆのを抱いた瞬間、ぽろりと涙が落ちました。

本当に長かったね。おつかれさま。

それだけ声かけてあげて、お互い後処理のため離れました。

3へつづく。


出産エピソード(1) [陣痛のこと]

この子の出産予定日は10月31日。
ちょうど検診日だったのですが予定日当日は音沙汰なし…

どうせ産まれるなら11月1日(111でぞろ目v)か
11月3日の文化の日が良いな~なんて話してました。
11月2日だと、微妙な日付な気がするし、仏滅だし。

そんなことを考えながら予定日はあっさりとすぎたのです。

次の日、早朝の5時23分、生理痛のような腰の痛みで目が覚める。
ベッドの中で様子を見よう。。。。と、やはり5時34分・5時43分と痛みが続く。
(ひょっとしてこれが陣痛かなぁ??????)
半信半疑で、とりあえず痛みの間隔をメモするため起きあがりました。
身動きできない程の痛みでもないし間隔もバラバラ。。。
まだ本格的な陣痛ではないようだったので、ゴハンを食べてお風呂に入ったりして。

と、髪を乾かしているところにちょうど8分間隔の痛みが!
続けて4回きたところで陣痛と判断。病院と実家に連絡をし、タクシーで病院に。
お昼ちょっと前に病院に到着しました。
んで診察を受けたら「子宮口5cm」ってことで入院決定。

入院患者用のパジャマ?に着替えて問診に答え、
胎児の心拍を記録しているところで激しい痛みの波がキツクなってきたのか
一気に気持ち悪くなり1度吐いてしまいました><。
このあたりから時間の感覚が自分にはなかったです。

陣痛室?に移りベッドに横になり陣痛に耐える。耐える。
とにかく水分が欲しくてたまらないのと、
次の陣痛の波が来るまで少しでも休憩したい!ということだけ考えてました。
(あとで聞いたらこの頃陣痛5~6分間隔)
痛みがキューーーっときて目を見開き痛みに耐えて、終わったら目を閉じてぐったり
その繰り返し。
付き添いで来ていた実母は「お昼来たけどどうする?」とか
「おやつがきたみたいだけどおなかに入る?」など言ってるけど
ハッキリ言ってそんな場合ではない。好きなだけ代わりに食べてくれー と思いました。
この頃の痛みLvは… うーん表現がムズカシイ…
痛みで息がつまります。
深く深呼吸をして身体に力が入らないように!!それだけ考えてました。

おやつの時間が過ぎたあたりで、痛みのあとに身体からつーっと何かが流れる感覚が。
看護婦さんに伝えると「うーん、破水ですねぇ」
ってことで先生の回診がきて、子宮口10cm(全開大)「分娩室いきましょう」と。

やったー!やっと力を入れられる!

んで移動となった訳ですが、自分で分娩台まで歩かなきゃならないとのこと。
看護婦さんに手を引かれて分娩室はいりました。
付き添いの人々の感想「まるで捕まった宇宙人のように連行されてた(笑)」
だそうです^-^;

なにはともあれ、夕方あたりに無事分娩台までたどりつきました。

2へつづく。


陣痛のこと ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。